委員会・部会活動  Commitee activities

編集委員会

委員長 白石裕一
副委員長 松永篤彦、井澤和大
委 員

池田こずえ、伊藤修、伊藤大亮、今井優、内山覚、岡岳文、小笹寧子、長田尚彦、角口亜希子、神谷健太郎、木股正樹、河野裕治、小西治美、佐藤真治、谷口良司、東條美奈子、仲村直子、平敷安希博、松尾善美、松本晃裕、宮田昌明、森沢知之、吉田典子、鷲田幸一、渡辺敏

【2018年度活動計画】

  1. 学会誌質の向上に向けた対策学会誌年4回発行化の検討
  2. 学会誌の発行

【2017年度活動報告】

  1. 学会誌質の向上に向けた対策学会誌年4回発行化の検討
  2. 学会誌の発行

【2016年度活動報告】

  1. 電子査読システムの運用
  2. 電子査読システムへの全評議員の登録
  3. 学会誌質の向上に向けた対策
  4. 学会誌年4回発行化の検討
  5. 学会誌座長推薦演題の査読

【2015年度活動報告】

  1. 電子査読システムの運用
  2. 電子査読システムへの全評議員の登録
  3. 学会誌質の向上に向けた対策
  4. 学会誌年4回発行化の検討
  5. 学会誌座長推薦演題の査読

【2014年度活動報告】

  1. 電子査読システムの運用
  2. 電子査読システムへの全評議員の登録
  3. 学会誌郵送不要措置の実施後評価
  4. 学会誌年4回発行化の検討
  5. 学会誌座長推薦演題の査読

【2013年度活動報告】

  1. 編集会議の開催予定:平成25年8月
  2. 学会誌の編集:18巻2号,19巻1号
  3. オンライン査読システム等の検討

【2012年度活動報告】

  1. 編集会議の開催予定:平成24年8月を予定
  2. 学会誌の編集:17巻2号、18巻1号を予定

【2011年度活動報告】

  1. 第16巻2号
    • 発送部数:約7,500部
    • 11編の原著論文を掲載した。
  2. 第17巻1号
    • 雑誌発行部数(紙媒体):8,000部
    • 電子書誌(PDF)閲覧のIDおよびパスワードを発行した。
    • 11編の原著論文、8編の手優秀演題セッション論文を掲載した。

【2010年度活動報告】

  1. 第15巻2号:7,000部印刷し、発送部数は5,889部。第16回学術集会抄録集と共に発送。13編の原著論文を掲載した。なお,第16回学術集会の抄録集の厚みおよび重さがあった為、第4種郵便ではなくレターパックによる送付となった。
  2. 第16巻1号:7,400部印刷し,発送部数は約6,900部(今後さらに100部程度増加する見込み)。9編の原著論文を掲載した。

【2009年度活動報告】

  1. 第15巻1号
    • 6,200部で発行。発送部数は5,660部。
    • 発送部数が発行部数に対し、少なくなっているのは、学会費を入金していない会員には送らなかったため。
  2. 第15巻2号
    • 7,000部印刷し、発送部数は5,889部。
    • 第16回学術集会抄録集と共に6月21日に発送
  3. 投稿規定変更
    • 平成21年7月以降、投稿規定が変更され、投稿論文すべてに(本学会学術集会で発表し、座長より推薦を受け投稿された論文を含む)査読審査が行われた。
    • 第15巻1号は13編、第15巻2号は20編の原著論文を掲載した

【2008年度活動報告】

  1. 第14巻1号は、5,500部で発行。発送部数は4,500部。発送部数が発行部数に対し、少なくなっているのは、学会費を入金していない会員には送らなかったため。
  2. 第14巻2号は、5,500部印刷し、発送部数は4,895部。第15回学術集会抄録集と共に6月6日に発送。
  3. 2009年7月以降、投稿規定が変更され、15巻1号掲載分から、投稿論文すべてに(心臓リハビリテーション学会で発表し、座長より推薦を受け投稿された論文を含む)査読審査が行われる。

【2007年度活動報告】

  1. 第13巻1号は、5500部で発行。発送部数は4500部。発送部数が発行部数に対し、少なくなっているのは、学会費を入金していない会員には送らなかったため。
  2. 第13巻2号は、5500部印刷し、第14回学術集会抄録集と共に6月第1週に発送。