よくあるご質問  

心臓病の基礎知識 – 心臓病とは? Q.4 -

Question

心筋梗塞・狭心症・弁膜症は、それぞれどのようなものか教えてください。

Answer

心筋梗塞・・・動脈硬化(心筋を動かすための血管である冠動脈が狭くなること)の壁が破れ、そこに血管内の血液が何らかの原因で塊となった「血栓」が付着し、血液の流れが完全に止まった状態です。血液が流れなくなると、その先の細胞が壊死してしまいます。命の危険を伴う大変危険な状態といえるでしょう。

狭心症・・・心臓筋肉心筋)の酸素需要と供給が不均衡になったときに起こるとされています。胸が痛くなったり強く圧迫されたりするような症状が出ますが、発作は数分で治まります。心筋梗塞を起こす人の半数は、過去に狭心症を経験しているというデータもあります。

弁膜症・・・心臓の中にある血液を送り込んだり逆流しないようにしたりするものが「弁」ですが、その弁が正常に機能しなくなる疾患の総称です。