心臓リハビリテーション指導士
認定医・上級指導士  jacrreha

心リハ指導士とは?

心リハ指導士とは?

心臓リハビリテーション指導士認定制度委員会 安達 仁

認定制度成立の経緯と認定趣旨について

心臓リハビリテーション(以下心臓リハビリ)は、かつては急性心筋梗塞後の離床とデコンディショニング(脱調節)予防が主たる目的でした。

しかし、近年では再灌流療法やCCUの普及、心臓手術の進歩により早期離床・早期退院が可能となったため、冠危険因子是正による二次予防(再発予防)のための心臓リハビリへと目的が変わってきています。

つまり心臓リハビリは単に運動療法のみを行っていれば事足りるものではなく、食事療法や禁煙指導を含めた包括的リハビリを目指すべきであり、そのためには、医療専門職間の連携や共同作業(チーム医療)が必要となります。

また、チームが円滑に機能するためには、心臓リハビリに関する共通認識と知識や用語の共有化、定期的なカンファレンスやミーティングなども行う必要があります。このような状況の中、日本心臓リハビリテーション学会は、心臓リハビリテーション指導士(以下、心臓リハビリ指導士)の認定制度を2000年に発足させました。

資格の取得方法について

心臓リハビリ指導士資格認定試験を受験する者は、

  1. 本委員会主催の講習会を当該年度に受講していること
  2. 医師、看護師、理学療法士、臨床検査技師、管理栄養士、薬剤師、臨床工学技師、
    臨床心理士、作業療法士、あるいは健康運動指導士のいずれかの資格を有していること
  3. 申請時に本学会会員であり、申請時の直近2年以上継続して会員歴があること。
  4. 心臓リハビリ指導の実地経験が1年以上あること、または心臓リハビリ研修制度により受験資格認定証の交付を受けていること。

以上の4条件を満たす必要があります。また、受験申請の際には10例の症例報告(自験例報告)を提出する必要があります。そのうえで、書類記載の誤りや会費納入状況を調査して受験許可をします。

試験は年1回学術集会時に行われ、2部制の講習会後に試験が実地されます。第1部は学会が認めた他の講習会(現在は運動処方講習会と埼玉心臓リハビリテーションセミナー)を受講することによって免除されます。「心臓リハビリ指導士養成カリキュラム」の項目には心臓リハビリ指導士が保持すべき知識および技能の到達レベルが記載されています。
試験は50問の択一式で、合格率はおよそ60%台後半です。不合格者は翌年行われる試験についてのみ、症例報告の提出や講習会参加なしでも受験可能です。試験合格後は認定証が郵送され、資格更新のためには5年間に既定の単位を取得し、毎年会費を納入していることが必要です。

今後の展望

心臓リハビリ指導士は、包括的心臓リハビリを通じて循環器疾患の治療ならびに再発予防とQOL向上に貢献できます。
また、心臓リハビリの技術や考え方は、あらゆる動脈硬化性疾患の発症予防(一時予防)から治療ならびに再発予防(二次予防)に至るまで幅広くカバーできます。

例えばメタボリック症候群に対する特定保険指導や、糖尿病・高血圧・脂質異常症といった冠危険因子保有者に対しての生活指導や運動指導に役立ちます。

さらに、脳血管疾患患者に対しても動脈硬化の進展予防という視点から患者教育ができるのは心臓リハビリ指導士のみであるといえます。運動心臓病学や運動生理学を理解している心臓リハビリ指導士の強みはなんといっても、運動に伴う循環動態の変化を理解でき、安全かつ効果的に患者に継続性のある運動や生活指導ができるという点でしょう。