委員会・部会活動  Commitee activities

心リハ認定医・上級指導士制度部会

部会長 小笹寧子
副部会長 池亀俊美
部 員 岡 岳文、櫻田弘治、池田こずえ、吉内佐和子、石井亜由美、本多 祐、清水浩介

【2019年度活動計画】

  1. 部会会議費。
  2. 試験問題作成。
  3. 申請書類審査・講習会・試験実施。
    第5回試験:2019年7月15日(月・祝)

【2018年度活動報告】

 7月16日に長良川国際会議場において12名の受験者に対して認定試験を行った。
 合格者の内訳は医師4名、看護師2名、理学療法士4名、健康運動指導士2名の計12名である。

【2017年度活動報告】

  1. 部会会議費。
  2. 試験問題作成。
  3. 申請書類審査・講習会・試験実施。
    第3回試験:2017年7月17日(月・祝)

【2016年度活動報告】

  1. 部会会議費。
  2. 試験問題作成。
  3. 申請書類審査・講習会・試験実施。
    第2回試験:2016年7月18日(月・祝)

【2015年度活動報告】

  1. 部会会議費。
  2. 試験問題作成。
  3. 申請書類審査・講習会・試験実施。
    第1回試験:2015年7月20日(月・祝)9:00から10:00

【2014年度活動報告】

  1. 心臓リハビリテーション認定医・上級指導士制度 規則の策定。
  2. 達成目標の策定。
  3. 心臓リハビリテーション認定医・上級指導士認定試験開催及び過渡的措置希望者の認定。 

【2013年度活動報告】

  1. 心臓リハビリテーション認定医制度を創設する。
  2. 上級心臓リハビリテーション指導士制度を創設する。

 

【2012年度活動報告】

  1. 心臓リハビリテーション管理指導士制度の規約策定を行い、理事会・運営委員会で提案させていただいた。その中で医師としての資格とコメディカルとしての資格を別個に作成することが望まれるとご意見をいただいた。
  2. 上記議論を部会に持ち帰って3月15日に会合を持ち、認定制度を再度検討した。理事会の意見を踏まえて制度を見直す方針としたが、認定医のインセンティブ、上級指導士の試験方法等について意見が出た。
    認定の実施方法を検討する。
  3. 理事長から学会独自の認定医制度作成の指示をいただいたので、今後認定医、上級指導士制度を具体的に検討することとなった。

【2011年度活動報告】

  1. 心臓リハビリテーション管理指導士の役割を検討した。
  2. 国内外の資料・現状を調査し、制度の準備を開始した。
  3. 他の部会(標準プログラム策定部会、レジストリー・施設認定制度部会)と連絡を取って協力体制を築いた。
  4. 11月26日に東京で部会会議を開催した。
  5. 運営委員会、理事会にて進捗状況を説明した。